忍者ブログ
『テンペスト』日本とは異なる独自の琉球王国
本書(池上永一『テンペスト 上 若夏の巻』角川グループパブリッシング、2008年)は琉球王国を舞台とした歴史小説である。頭脳明晰な少女・真鶴は性を偽り、宦官になって王府に出仕し、薩摩や清国、欧米列強の間に揺れる琉球を救うために活躍する。
一般に琉球は平和的な王国であったが、薩摩藩によって侵略され、虐げられ続けたという固定的な歴史観がある。1993年のNHK大河ドラマ『琉球の風 DRAGON SPIRIT』が典型である。これに対して『テンペスト』では守旧派の頑迷さや王宮の権力闘争など琉球王国の醜い面も描く。その一方で、薩摩藩士に爽やかで良心的な人物を配置する。
米軍基地の大半を押し付けられているなど沖縄の現状を鑑みれば、大和に虐げられる沖縄という歴史認識は基本線として維持すべきものである。それでも琉球王国や薩摩について固定的な歴史観に捉われない作品が登場したことは、それだけ日本とは異なる独自の国家であった琉球王国の存在が当然の前提となった証拠である。(林田力)
http://www.hayariki.net/images/
PR
【2011/07/18 14:58 】 | 日記 | 有り難いご意見(0)
<<林田力と黒龍丸の関係 | ホーム | 北方ジャーナル2011年8月号にコメント掲載>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>