忍者ブログ
十二日まち
さいたま市浦和区の調神社で十二日まちが開催されました。熊手が販売されています。道路にも屋台が並んでいます。大勢の人がいて、歩くのも大変です。風が強く、屋台が吹き飛ばされそうでした。
PR
【2018/12/12 21:22 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
大合併
『大合併』は第一銀行と勧業銀行の合併を描く経済小説である。今となっては第一勧業銀行と聞いてもピンとこないかもしれない。私の子どもの頃はハートの銀行として存在感があった。
物語は第一銀行側の視点で始まる。第一銀行にとって合併は勧業銀行以上に深い問題がある。
【2018/12/12 17:57 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
相続と権利濫用
相続と権利濫用。
林田力の陳述書
設計図を見比べる。
階段の踏み台
茶道の道としての観点
足が悪くて正座ができないほどであった。茶室は一階に作って欲しい。
茶室は一階のイメージがある。
一階のリフォームが主であり、二階が従である。リフォームは正に原告らの意向に沿って行ったものであり、母への貢献にならない。システムキッチンの費用が高額であることは、一階のリフォームが主であることを示す証拠である。この点において被告がとやかく言う話である。
弟子達は飯田橋は先生の逃げ場と言った。
原告は論理的に反論できないために逆さまにして苦しい主張を転換している。
【2018/12/09 20:33 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
自殺考察
『自殺考察』は死をテーマとした表題作の中編と短編二作を収録した書籍である。「自殺考察」は母親から虐待され、顔に火傷の傷を持ち、学校でイジメに遭っている女子高生が主人公である。同級生の言葉をきっかけに自殺を考えるようになり、自殺の方法を研究する。
【2018/12/09 18:02 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
いわき湯本
いわき湯本は『超高速参勤交代』の主人公側の藩のあった場所です。
古滝屋は元禄年間創業の温泉宿です。日帰り入浴もできます。お風呂は6階にあります。一つの浴槽が仕切られており、窓に近い側が温め、遠い側が熱い温度でした。露天風呂は7階にあります。
【2018/12/08 19:46 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
| ホーム | 次ページ>>