忍者ブログ
るろうに剣心6巻
るろうに剣心6巻は雷十太編の続き。やはり雷十太は不意討ちや目潰しと卑怯な攻撃で小物感を出してきた。
番外編「左之助と錦絵」は赤報隊の因縁が語られる。本作品が明治政府の不祥事の赤報隊を取り上げたことは画期的であった。しかし、最初の左之助の話で終わってしまった。改めて取り上げたことは意義深い。
月岡津南は日本の中心地を狙う。これは戦略として正しい。後の京都編も剣心に拘らなければ、東京を攻撃する計画であった。
PR
【2019/07/07 19:18 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<へうげもの10巻 | ホーム | キングダム6巻>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>