忍者ブログ
エル・ファシルの逃亡者
#林田力 #書評 #レビュー #読書 『エル・ファシルの逃亡者』は銀河英雄伝説の二次小説である。主人公エリヤ・フィリップスはリンチ少将率いるエル・ファシル駐留部隊所属の兵士であった。帝国軍侵攻に際してリンチ少将の指揮に従って民間人を見捨てて逃亡したものの、帝国軍に捕らえられる。後に捕虜交換で帰国したものの、逃亡者と蔑まれて惨めな人生を送る。そのエリヤが死後にエル・ファシル逃亡直前の人生に戻り、人生をやり直す。エリヤはヤン・ウェンリーと行動を共にし、ヤンと共にエル・ファシルの英雄と称される。その後もチャンスを活かし、軍人としてキャリアを重ねる。
原作とはパラレルワールドになっているが、それほど大きな解離はない。むしろ同盟の人物像に新たな視点を提供する。ドーソンやロボスは全くの無能者ではない。誠実な人格者と見られたグリーンヒルは保身に長けた卑怯者の面がある。政治嫌いとされたヤンも中々の政治巧者であった。実際に接することでステレオタイプな人物像を一新させていく。
本作品では軍部内の派閥や同盟の政治勢力の主義主張を詳しく描いている。どの勢力にも各々の論理があり、無能者集団などと切り捨てることはできない。原作では嫌われ者のトリューニヒトも、その政治的主張に十分な理があり、支持される背景がある。
原作では良識派・反戦派とされたレベロは経済政策では新自由主義的な自立重視の緊縮財政である。主戦派の扇動政治家とされたトリューニヒトは経済政策では積極財政である。現実の日本では社会民主主義的な勢力は旧時代の遺物、体制内批判派と既得権益擁護者と見られ、勢いを失っている。フィクション作品の中で全く考えられないということに考えさせられる。
PR
【2014/09/25 18:05 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<林田力・東急不動産消費者契約法違反訴訟 | ホーム | 東急不動産だまし売り妖怪ウォッチ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>