忍者ブログ
ガンダム・アグレッサー2巻
#マンガ #漫画 #ガンダム #書評
『機動戦士ガンダム・アグレッサー2巻』は戦闘シーンの続きである。主人公のガンダムはジオン軍からは赤帽子と呼ばれている。ガンダムで赤と言えば赤い彗星の印象が強く、まだしっくりこない。
ガンダムは人類が宇宙に進出した時代の物語であるが、やはり地上の闘いは迫力がある。戦争の悲惨さも含めてリアリティーがある。戦車戦も描かれる。ガルパンの影響だろうか。
宇宙世紀ガンダムの世界では地球連邦が腐敗した無能な官僚制の組織として描かれる。このために本来は敵軍であるジオンに感情移入したくなる。ところが、アグレッサーの主人公は、ジオン兵でありながら連邦に寝返った。連邦にマイナスイメージを持つ読者の共感を得られるか、ハードルの高い設定である。
この巻で主人公らが一週間戦争のジェノサイドに反発してジオンを裏切ったことが明らかになる。主人公は「ジオン兵として恥ずべきことはしていない」と述べる。権威的で官僚的で個性のない連邦軍将校とは異なる。
PR
【2015/07/30 08:29 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<FJネクスト迷惑電話 | ホーム | FJネクストのウィキペディア>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>