忍者ブログ
ギャラリーフェイク5巻
ギャラリーフェイク5巻は公立美術館の話が印象に残る。学芸員は真面目に働いているが、館長は学芸員資格を持たず、美術に関心の低い他部署の人間が就いている。業者にリベートを当然のように要求し、縁故で学芸員を採用する。腐敗した公務員である。その分野に意識がなくてもローテーションと称して異動する公務員の人事制度に欠陥がある。
PR
【2018/11/12 07:42 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<たけちゃん、金返せ | ホーム | スレイマンの妃>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>