忍者ブログ
ゴルゴ13ビホルダー
小型核兵器、鳥インフルエンザのパンデミック、英国皇太子妃のペンダントの三話を収録する。小型核兵器は闇のブローカーと国際テロ組織を同時に暗殺するという至難のミッションに挑む。ブローカー側には天才的なハッカーがおり、監視カメラをハッキングしてゴルゴ13を監視する。監視カメラが溢れる現代ではSF小説で描かれたような監視社会が現実化していることを警告する。自らの記録を残すことを嫌うゴルゴ13でも街中の監視カメラからは逃れられない。
ハイテクで武装したハッカーに対してゴルゴ13もハイテクで対抗する一方で、アナログな対抗手段でも撹乱する。木を隠すのは森の中という戦術である。天才ハッカーを主人公としたサスペンス漫画ブラッディ・マンデイでも敵のハッカーによって主人公の正体が露見しそうになった際に偽情報を大量に拡散することで欺いた。それ以上にゴルゴ13の戦術はアナログであった。
鳥インフルエンザのパンデミックは、新薬の特許権の強制実施権、ブラジルの大統領選挙につながるスケールの大きな話である。ゴルゴ13は法的には犯罪者であり、自身が正義であると正当化することもないが、暗殺対象は社会が裁けない権力者などが中心で、勧善懲悪に近いカタルシスはある。ルール違反の依頼者はゴルゴ13に報復されるなど法律には反するが、物語としてはモラルが貫かれている。金のために誰でも殺し、殺人テクニックを見せ場とする作品では決してない。
しかし、今回の話では大企業と癒着した腐敗政治家の依頼で、その政治家を糾弾する野党政治家を暗殺する。野党政治家は権力願望が強く、良心的な政治家としては描かれていないが、主張は貧困層など多数の国民の利益に合致しており、ゴルゴ13による暗殺遂行を素直に喜べない。ゴルゴ13に失敗はないが、依頼承諾時のゴルゴ13の言葉が伏線となったドンデン返しの展開となり、ゴルゴ13に社会派的なモラルを期待する読者も納得の結末になった。
最後の話は英国のチャールズ皇太子やダイアナ妃、カミラ夫人をモデルとする。英国王室に新しい空気を持ち込んだダイアナ妃に対しては保守層から激しいバッシングがなされたが、この作品では昔気質の宝石職人がダイアナ妃寄りであることが興味深い。保守的とされる英国の人間味あるモラルが描かれた。林田力
http://hayariki.net/
PR
【2011/12/07 22:48 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<NARUTOナルト58 巻 | ホーム | 家政婦のミタ第八話>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>