忍者ブログ
センゴク12
センゴク12は一乗谷炎上編が始まる。武田信玄は病に倒れたが、まだ織田側は知らない。織田信長は岐阜を捨てるという思いきった手に出る。大本営発表の誤魔化しではなく、本当の意味での転進と言える。
藤堂高虎が登場する。豊臣秀吉の死後に反石田三成で一緒に行動したとは言え、加藤清正や福島正則とは異なる頭脳派のイメージがある。ところが、本書では脳味噌筋肉の武功派であった。この高虎が一般的イメージの高虎につながるのか。
PR
【2019/05/08 23:46 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<センゴク12巻 | ホーム | センゴク10巻>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>