忍者ブログ
センゴク3巻
センゴク3巻は六条合戦である。明智光秀は仕事ができるだけでなく、信長を笑わせることができる。
織田家では戦死者の右手小指を切断して遺族に持ち帰ったという。小指という一部であるが、遺体回収の発想は米軍に似ている。織田軍と米軍が強い所以だろう。
織田軍も米軍も合理的な組織であるが、合理主義は人間に冷たいことを意味しない。むしろ、身内に甘い処理をするような非合理を排除する合理主義の公正さの方が生きやすい。逆に日本型組織や家族経営を謳う方が特定人に甘い差別を正当化し、生き辛くなる。
PR
【2019/03/14 18:56 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<南方十字星 | ホーム | センゴク天正記>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>