忍者ブログ
ダンダリン9話
#ダンダリン #ドラマ 『ダンダリン労働基準監督官』9話は脱法請負に対して、それを逆手にとってブラック企業をやり込める。今回も前回と同じく労働者の団結でブラック企業に立ち向かう。これは現実のブラック企業被害者へのエールになる。
9話はホテルがブラック企業である。東急ホテルズ食材偽装などホテルの問題が世間を賑わせている中でタイムリーである。若造ブラック士業が暗躍する。女所長も若造ブラック士業を持て余している。若造ブラック士業のチンケさが目立つ。
派遣スタッフを請負契約に変えることで労働法の規制を免れる脱法請負である。若造ブラック士業の指南によるものであるが、浅はかである。労働者を搾取するだけでなく、派遣会社への仁義にも反する。ホテルは業界からも爪弾きになる。
ダンダリンは自己責任論を批判する。「一番悪いのは労働者の無知と油断につけこんだ経営者です」。
南三条が復活した。出勤時に危険な工事現場を指導して遅れるというダンダリン並みのアグレッシブさである。今回は土手山課長の回である。ダンダリンが土手山課長をやり込める。前回は土手山課長が南三条の復帰のために奮闘した。今回は課員が失意の土手山課長を励ます。最初は事なかれ主義が支配する無味乾燥とした公務員職場と描きながら、なかなか人間味がある。
母親が社長にだまされて給料を減らされたとの相談が来る。今回は若造ブラック士業が暗躍する。派遣スタッフの契約形態を変えて人件費を減らすブラック企業の問題である。
PR
【2013/11/27 23:20 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<ブラック企業は国賊だ | ホーム | 宅建業法違反業者紹介>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>