忍者ブログ
テイクツー第7巻
テイクツー第7巻では焼きそばソースを発端とするヤクザの抗争事件が勃発する。一方のヤクザの親分が無茶苦茶である。常識外れの主張を押し通す。抗争の泥沼化は必然である。若頭の林田与一には常識がある。常識的な提言をするが、親分には否定される。親分の異常性が際立っている。
ヤクザの論理に親が黒と言えば黒というものがある。本書の菊水会は、その論理通りの組織である。しかし、ヤクザ作品などで登場する真っ当なヤクザは、そこまで親分の理不尽な専横はない。どちらかと言えば、親が黒と言えば黒はダメなヤクザ組織を象徴させている。そして、このような体質はヤクザに限らない。
PR
【2018/07/29 08:44 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<王様の仕立て屋 | ホーム | 市民選挙研究会>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>