忍者ブログ
ナルト16巻
#ボルト #ナルト #漫画
『ナルト』16巻は木の葉崩しが終結する。結果から見ると大蛇丸は木の葉を甘く見ていたことになる。ここに現状認識の甘さや油断、慢心があったか。まずガアラの戦線離脱が痛かった。これは大蛇丸にはコントロールできない事情であるが、そこに頼らなければならない計画であるならば、そこに依存することは仕方がないことになる。対三代目火影では過去の火影を転生させ、必勝の戦力を用意した。そこに油断はない。三代目火影の反撃が想像を超えていたと言うべきだろう。里への攻撃に戻すと大蛇が自来也に追い払われたことも痛かった。
第一話のナルトの扱いでも感じたが、木の葉隠れの里は人材の活用が下手である。大蛇丸は仕方ないとしても、伝説の三忍を輩出しながら、誰一人活用できていない。もっとも伝説の三忍を活用していたら、木の葉隠れの里が超大国になってしまうかもしれない。活用できていない方が勢力均衡になるかもしれない。
PR
【2017/11/11 20:13 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<江東住まい研究所を | ホーム | ボルト4巻>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>