忍者ブログ
ブランズシティ久が原は不吉
#東急不買 #東急不買運動 #東急不動産 #大田区
東急不動産の分譲マンション建設計画ブランズシティ久が原(東京都大田区鵜の木)は住環境を破壊すると住民から批判されている(林田力『ブランズシティ久が原伐採』アマゾンKindle)。東急不動産の住民イジメは剥がれかけたカサブタを剥がしては、また新たなカサブタを作ることに夢中な偏執狂のようである。
ブランズシティ久が原は不吉である。ブランズシティ久が原は地上12階地下1階の悪名高い地下室マンションである。実質13階建てであるが、13という不吉な数を誤魔化している。『13日の金曜日』や『ゴルゴ13』は有名である。
このような姑息な歪曲は東急不動産の十八番である。東急不動産だまし売り裁判は不利益事実隠しであった(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。ブランズシティ守谷では住民反対運動を起こされ、ブランズシティ守谷で検索すると反対運動のホームページが上位に表示されるようになった。すると東急リバブル東急不動産はブランズシティ守谷ではなく、ハッピー守谷を宣伝に使うようになった。
PR
【2015/05/15 23:40 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<東急不動産だまし売り裁判 | ホーム | 仕立てる賃貸@二子玉川ブラック告発>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>