忍者ブログ
ブランズシティ久が原報道
#東急 #マンション #大田区 #東急リバブル
東急不動産はブランズシティ久が原建設のために東京都大田区鵜の木の自然林を伐採した。江戸時代から続く貴重な森であった。これは東急不動産の住民無視体質を示すものである。ブランズ市川真間やブランズシティ守谷、二子玉川ライズなどとも共通する。
これを朝日新聞が奇跡の森伐採と報道した。奇跡の森は朝日新聞のネーミングである。朝日新聞が、この問題を報道したことは非常に素晴らしいことである。一方で奇跡の森とのネーミングに対して戸惑いも見られる。従軍慰安婦の誤報に絡めて過剰・大袈裟なネーミングではないかとの声もある。これは東急不動産の開発を批判する側からも出ている。
ここに住民運動の政治的幅広さがある。地域の環境を破壊する東急不動産のマンションに反対する上で右翼も左翼もない。むしろ良好な住環境を守ることは保守の思想と親和性がある。私は左派の人々が住民運動で果たしてきた役割に敬意を表する。苦しむ住民の側に立つのは左派ばかりという現実さえある。きっちり反対を主張する政治勢力を選択することも有権者として必要である。
一方で左翼教条主義はいただけない。たとえば階級闘争の一貫としてマンション建設反対運動に取り組むなどと言われると、なんじゃそりゃという反応になる。
PR
【2015/02/05 12:26 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<林田力書評・ナルト72巻 | ホーム | ザ・久が原レジデンス>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>