忍者ブログ
レプリカたちの夜
『レプリカたちの夜』は混沌と理不尽の世界を描く小説である。私はカフカの作品を連想した。主人公は動物のレプリカを製造する工場に勤めている。
電話が信用できなくなっている。「電話なんてなんの意味があるのだろう。ただの音声。ただの合成シミュレーション」(231頁)。電話よりもメールを優れたコミュニケーション手段と考えている人々は自分の要求を一方的に押し付けたいだけではないか。
PR
【2018/11/10 22:51 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<スレイマンの妃 | ホーム | サンクチュアリ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>