忍者ブログ
七福神戦争
遠藤徹『七福神戦争』はファンタジー学園ライトノベルである。黙っていれば美少女であるが、性格がぶっとんでいる女子生徒に冴えない男子生徒が振り回される展開は涼宮ハルヒシリーズに重なる。この涼宮ハルヒタイプは特別ではない男子生徒が何故か特別な女子生徒に見出だされ、話が進むうちに自身も特別ではない存在になっていくという矛盾を内包しがちである。これに対して本書は最後まで主人公は戦力外の扱いであり、一貫している。
幸福を振りまく七福神の生徒達に謎の転校生の三輪小角と彼女に引きずられた主人公が挑む構図である。美食が粗食になるなど本当の幸福とは何か考えさせられる。食材の味と値段が比例するというような拝金主義の浅ましさを否定する。
主人公と七福神のバトルは十分に面白く、含蓄がある。残念な点は新たな敵に対して共闘という二十世紀の少年漫画的な展開になったことである。拝金主義的な幸福に対する批判は深められなかった。七福神は結構悪どいこともしており、安易に共闘して良いものか。
PR
【2018/07/02 20:55 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<極道ピンポン | ホーム | 花咲かぬリラ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>