忍者ブログ
不撓不屈
高杉良『不撓不屈』は国家権力と断固闘った税理士の物語である。官僚の横暴や傲慢がこれでもかと描かれる。自分達の面子しか考えない公務員のいやらしさが描かれる。戦後昭和の官僚主導経済を成功モデルのように見る向きもいるが、官僚に潰された人々もいただろう。
主人公の飯塚は論語の里仁編の「悪衣悪食を恥じる者は、ともにはかるにたらざるなり」を好む(123頁)。この悪は悪いという意味ではなく、粗末なという意味である。価格と品質が比例すると考える浅ましい拝金主義の対極にある。
PR
【2018/08/16 18:25 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<北海道暮らしと産業のいま | ホーム | ランクA病院の愉悦>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>