忍者ブログ
中野相続裁判さいたま地裁
日本海賊TVで中野相続裁判さいたま地裁を取り上げた。中野相続裁判さいたま地裁第2回口頭弁論が6月22日に埼玉県さいたま市浦和区のさいたま地方裁判所で開かれる。
中野相続裁判は東京都中野区に住んでいた被相続人の相続紛争である。紛争の過程で被相続人の長男が無断で経管栄養の流入速度を速めたり、治療を拒否したりしたことが明らかになった。高齢者虐待につながる社会的意義のある裁判である。
裁判前に長男の弁護士が長女に対して「長女に遺留分はない」と書いてきた。番組では、弁護士としてありえない主張と強く批判された。法廷では通用しない主張であるが、弁護士が書いたものと盲信して騙せればラッキーという主張である。相手の無知につけこむ理屈である。まともな弁護士ならば依頼人の無理筋の主張を説得するものではないか。現代ではブラック弁護士が問題になっている。
経管栄養の流入速度を速めたことは問題である。相続から排除されても不思議ではない。
PR
【2018/06/15 17:46 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<樅ノ木は残った中巻 | ホーム | ユーキューホルダー>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>