忍者ブログ
二子玉川ライズ被害の報告
二子玉川ライズへの税金投入差し止めを求める住民訴訟などの裁判をしている。風害がひどい。取消訴訟もしている。税金の使い方、実態を明らかにする。保坂展人区長は前区長と違って住民と会う。二子玉川ライズは最大の金食い虫、この御時世にやるものではない。
http://hayariki.net/
危機的文化財ツアー。飯田橋。歩行者の危険は見過ごせない。事業棟とマンション。ビルが建っても駅は間に合わない。住民説明会を開いてほしい。
皇居の景観を守るということへの意識は必ずしも高くない。皇居の景観は右翼が守ればいい。
ぶらさがって利益を得ようと必死。本当はスカイツリーも景観を破壊する。スカイツリーには違和感がある。
東京が再開発を進めている。マイナスの効果を地方にまき散らしている。都心の役所はツケを受け取らない。ゼロサムである。開発は移動産業に過ぎない。福島に原発を押しつけることと同じ。
人口が減少しているのにマンションが建てられ続ける矛盾。
東京の一極集中は深刻化している。
PR
【2011/08/13 09:22 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0) | トラックバック(1)
<<大和燃ゆ下巻 | ホーム | マンション問題首都圏交流>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

復讐貫徹の清々しさ
大ヒット韓国ドラマ・宮廷女官チャングムの誓いのノベライズ下巻である。下巻では追放されたチャングムが復讐心を胸に秘め、医女となって宮廷に戻ってくる。チャングムの前にはチェ尚宮や最高尚宮になったグミョンに加え、新たに先輩医女も壁として立ちふさがる。医者としての倫理を貫きながら、復讐を貫徹したチャングムが清々しい。チャングムの以下の発言には、過去を水に流すことを是とする非歴史的な民族には欠ける含蓄がある。 「反省というのは自分の行動に責任を持つことです。そして、自分の行いが間違っていたことを悟り、その過...
【2011/09/21 23:54】 | 『こうして勝った』林田力の書評
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>