忍者ブログ
  • 2020.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.07
五つ星をつけてよ
奥田亜希子『五つ星をつけてよ』(新潮文庫、2019年)は日常生活を描いた短編小説集である。令和元年五月一日発行の令和刊と言うべき作品である。本書のインターネットが生活に入り込んでいることを感じさせる。昭和では書けない、令和時代に出版することが相応しい小説である。
表題作の「五つ星をつけてよ」はインターネット上の口コミサイトの評価を確認しなければ買い物できない女性を主人公とする。情報化社会に振り回されることは本末転倒である。他人がどう思うかよりも、自分が良いと思ったことを買うことが賢い消費者である。それは正しいが、この話の奥深いところは安直なインターネット批判に走らないことである。
インターネットがない時代は、口コミは本当の口コミであった。そこでは狭い人間関係の中の影響力の大きい人の意見に支配されていた。それに比べればインターネットのレビューは多様である。
PR
【2019/06/06 23:39 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<インベスターZ4巻 | ホーム | インベスターZ2巻>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>