忍者ブログ
劉邦2巻
劉邦2巻は、劉邦が地元で頭角を現していく。ヤクザに一泡吹かせ、秦の軍人とも対立する。秦の横暴が描かれる。
秦は法家とされるが、役人が法に過ぎない。役人の都合の良い時は法を押し付けるが、都合が悪い時は法をねじ曲げる。日本の公務員世界と同じである。法は自分達を縛るものという認識に欠ける。日本の公務員の制度運用には批判が根強いが、杓子定規な規則順守だからではなく、規則適用に不平等感があるからだろう。
これに対して劉邦は、悪い奴はどれほどの権力者だろうと許さないという点で一貫している。法を曲げる人情家だからではなく、権力者を例外扱いしない公平性に魅力がある。
PR
【2019/06/04 19:52 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<インベスターZ2巻 | ホーム | へうげもの5巻>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>