忍者ブログ
医療裁判
#病院 #医療 #裁判
流入速度を速めたことを違法とした。しかし、結果への因果関係を認めなかった。
極めて不当な判決である。延命措置に対して説明義務違反がある。人工呼吸器をつけるかどうかではなく、点滴を止める、夜間のみ酸素吸入するなどを被告長男の要求で行った。
キーパーソンの役割を説明していないとの主張に答えていない。被告長男は通常行われている治療を拒否した。これが許されるか。これが通るならば合法的に殺せてしまう。
酸素吸入を夜間のみとしてもいいとした。納得できない判断である。
流入速度を速めたから嘔吐した。想定外だから責任を負わないという点は不当である。コウセイ病院の管理が杜撰であった。病院には注意義務違反がないとした。
PR
【2017/07/31 14:04 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<東急電鉄問題 | ホーム | ワンルームマンション投資>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>