忍者ブログ
原発マフィア
船瀬俊介『原発マフィア』(花伝社)は原発利権の問題を明らかにし、自然エネルギーへの転換を主張する書籍である。原発利権は多くの書籍が指摘するが、そこに秘密警察が関わっていたとする。日本の原発推進者は「逮捕状なしでの逮捕、拷問などなんでもあり」の特高警察出身であった(29頁)。それが戦後はCIAの犬になり、原発を推進する。ソ連のチェルノブイリ原発事故もKGBが真相を隠蔽したとする(70頁)。
PR
【2018/10/08 12:00 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<銀河英雄伝説10 | ホーム | 詐欺師のトーク>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>