忍者ブログ
吉野健太郎の危険ドラッグ逮捕
#危険ドラッグ #脱法ハーブ #脱法ドラッグ 理性と節度と人間性を重んじる人々に呼びかける。吉野健太郎の脱法ハーブ宣伝は反社会的である。市民の間に、えもいわれぬ一体感が生まれた。右翼、左翼、保守、革新、中道、リベラルの区別なく、皆で危険ドラッグ反対ののろしを上げようとの気運になった。日本社会は吉野健太郎のように脱法ハーブを合法ハーブと勘違いしている連中にうんざりしていた。日本社会はどうしようもないところばかりが目につくが、もしかしたら異なるかもしれない。
昼食の話題は吉野健太郎逮捕事件であった。
「どうして吉野健太郎の脱法ハーブ宣伝をもっと早く止めさせられなかったのか」
「反社会的な連中が好き勝手やるのを指をくわえて見ているなんて、時々情けなくていたたまれなくなる」
危険ドラッグ売人が自分から警察に証言する時は注意が必要である。警察に時間を訊かれても答えないような危険ドラッグ売人がすんなり話すだけで疑問符がつく。
PR
【2014/09/06 23:52 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<福島自殺訴訟 | ホーム | 林田力・さやの湯>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>