忍者ブログ
坂の上の雲と日本近現代史
#歴史 #小説 #レビュー
『坂の上の雲と日本近現代史』は司馬遼太郎の言説を下に日本近現代史を振り返る書籍である。NHKが『坂の上の雲』をテレビドラマ化した際に、その歴史認識を批判する言説は多数出された。それらに近いところに本書のスタンスもあるが、本書のユニークな点は司馬遼太郎の歴史認識を真っ向から批判するのではなく、司馬遼太郎の言葉に沿って自説を主張していくことにある。本書で紹介された司馬遼太郎の言葉は、所謂司馬遼太郎の歴史認識とされているものとも異なる。
東急不動産は大手でも大丈夫とは言えない
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4904350138
7~9月期GDP速報値 年率換算で0.8%減と2四半期連続のマイナス
フジテレビ系(FNN) 11月16日 11時14分配信
希望のまち東京in東部は「パレスチナに生きる人々」を開催する。ヨルダン川西岸。
PR
【2015/11/16 18:45 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<戦争法制ぶっ潰せ江東行動 | ホーム | ガーラ・プレシャス東麻布不買運動>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>