忍者ブログ
  • 2020.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.07
姫たちの戦国秀吉死す
徳川家康。おかしいものをおかしいと、お諫めすることが忠義の道ではありませんか。
江。再び朝鮮と戦など秀勝様は何のために亡くなられたのじゃ。
秀忠の顔を見て、ご無礼を致しました。
http://hayariki.net/
姉様こそ、何故すぐにいらっしゃるのですか。
常軌を逸した豊臣秀吉の仕置きが人々に暗い陰を落としていた。
千姫の名前は秀忠が付ける。
江。うれしゅうございます。
秀忠。名前など呼びやすければ良いのだ。
北政所。おまえ様が始めた戦でしょうに。
江。夢など見させてたまるものですか。千姫をも手にしようとしている。私は、あなたを殺したい。
秀吉。わしはそなたのお陰で面白かったぞ。頼みがある。
江。秀頼のことなら知りませぬ。
秀吉。幸せになれ。これにて、さらばじゃ。
PR
【2011/08/15 00:12 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0) | トラックバック(1)
<<ハヤテのごとく | ホーム | 大和燃ゆ下巻>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

『点から線へ 線から面へ』の感想:林田力
本書は社会にインパクトを与えたNPOと企業の協働事業を表彰するパートナーシップ大賞の受賞事例集である。特定非営利活動法人パートナーシップ・サポートセンターが主催した第5回パートナーシップ大賞(2007年)の1次選考を通過した12事業を紹介する。書名の「点から線へ……」はグランプリを受賞した石坂線21駅の顔づくりグループと京阪電気鉄道株式会社大津鉄道事業部の事業名「点から線へ、線から面へのまちづくり」に由来する。 本書で紹介された事業は興味深いものばかりであったが、やはり...
【2011/09/24 16:00】 | 『こうして勝った』林田力の書評
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>