忍者ブログ
封神演義2
『封神演義』2巻では太公望は大きな挫折を味わう。ここで太公望は自分一人では強大な敵を倒すことができず、仲間を集めることが必要との教訓を導き出す。筋の通った展開である。
一方で太公望が生き延びただけでなく、霊獣や宝貝を取り戻す展開は、主人公に都合良過ぎる展開である。これは後の文王を殺さない点とも重なる。
この2巻で歴史の道標との言葉が出てくる。周王朝を興してめでたしめでたしにしない本作品の結末は、この段階で構想されていたのだろう。
PR
【2018/05/12 11:32 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<埼玉地名の由来を歩く | ホーム | 怪盗ニック全仕事5>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>