忍者ブログ
探偵は壊れた街で
#小説 #探偵 #推理小説 #書評
『探偵は壊れた街で』は女性探偵クレアを主人公とした小説である。ハリケーン災害直後のニューオーリンズが舞台である。クレアは失踪した地方検事補の捜索を依頼される。宣伝文には「最高にクールな女性私立探偵を描く」とあるが、日本人がイメージするカッコいい探偵ではない。クレアは過去を引きずっており、最短で謎解きするというよりも回想や独白が多い。探偵論も多い。その探偵論は漫画『名探偵コナン』でコナンが語る探偵論のようなナルシスト的なものではなく、ニヒリズムがある。探偵は誰からも好かれなくなるという。「なんにでも鼻を突っ込んで、犯罪を暴き、それでみんなに憎まれるようになる」(159頁)。
本書は米国の荒廃した風俗が描かれる。ドラッグの利用が酒を飲む程度のこととして描かれる。大災害直後という点は割り引いて考えるべきであるが、風俗の荒廃は、それ以前からの根深い問題である。
PR
【2015/06/03 13:21 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<東急不動産だまし売り裁判と長洲西通 | ホーム | ヒストリア・ギリシアの風俗>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>