忍者ブログ
放射脳カルトと貧困ビジネス
#放射脳 #脱原発 #原発 #脱被曝 #差別 放射脳カルトは貧困ビジネスである(林田力『放射脳カルトと貧困ビジネス』アマゾンKindle)。福島や東日本を差別する放射脳カルトはヘイトスピーチである。放射脳カルトの主張は、それで儲ける貧困ビジネス以外、世界の誰も幸せにしない。
放射脳カルト批判の立場からは一方で一部の「食べて応援」のあまりのあざとさも批判対象にしなければ公正ではない。たとえば世田谷区玉川の二子玉川ライズで高校生に福島の梨を配布させたことがある。東急が絡むとろくなことにならない。韓流ブームは異文化理解や友好に貢献したが、東急グループの韓国ごり押しは嫌韓を増やす結果にしかならなかった。

放射脳カルトは住民を故郷から追い払い、家族を離散させ、生きる希望を失わせる。放射脳カルトの差別・ヘイトスピーチによって傷つくのは、子どもであり、女性であり、誰かの最愛の人でもある。福島の生活と風景がいつまでも続くように守るべきことはしっかりと守らなければならない。地に足着いた生活を愛し、福島県民のことを考え、人権を大切にする。
PR
【2014/08/25 17:46 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<林田力・江東区の生活 | ホーム | 林田力・放射脳カルトはスレからし>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>