忍者ブログ
未来派左翼・上巻
アントニオ・ネグリ著『未来派左翼・上巻、グローバル民主主義の可能性をさぐる』(NHK出版)は左翼の衰退の理由を明らかにし、新たな方向性を提示する。左翼教条主義に辟易する立場として納得できる記述が多い。
本書は、社会主義を「資本主義が国家主義的に変容を遂げただけ」と指摘する。左翼の指導者は経営者になりたいだけであると。私企業の経営者になるわけにいかないので公営企業の経営者になったと。73頁。
中央集権型の官僚支配の社会主義ではなく、下からの共同を志向する。公ではなく、共を志向する。共とすべきものを国家所有としてしまったことが間違いであったと。この姿勢には賛同する。
本書は、左翼が迷信にこっそり目配せし続けると批判する。76頁。たとえばゲノム計画に反対するために「私は神の被造物だから」との主張を挙げる。これは日本では原発に反対するために福島が放射能で汚染されて人が住めない土地でないと困るとする放射脳カルトに重なる(林田力『放射脳カルトと貧困ビジネス』アマゾンKindle)。



PR
【2015/09/26 14:18 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<あの日見た花の名前を | ホーム | 山本太郎議員が陳謝>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>