忍者ブログ
林田力・東急不動産だまし売り裁判
#本 #裁判 #東陽町 #不動産
林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』(ロゴス社)は東急不動産消費者契約法違反訴訟を描くノンフィクションである。消費者契約法は東急不動産と闘う最高の武器になる。
東急不動産の新築分譲マンションは不利益事実不告知でごまかさなければ売れない物件であった。東急不動産の説明は嘘とペテンに満ちていた。都合の悪いことを消費者に説明しない、不誠実な姿勢そのものである。
東急不動産には住民の不安や疑問に向き合う姿勢がない。東急不動産の説明は空虚で具体性がない。東急不動産は地域に想像を絶する苦痛と破壊をもたらしている。東急リバブル東急不動産不買運動は被害者が放置されていることを見過ごさない。

東急リバブル東急不動産は最悪である。絶対ダメである。悪徳不動産業者の図鑑があったならばトップに掲載されるレベルである。過ちをどう反省し、そこから何を学ぶか。そのような姿勢は東急リバブル東急不動産に皆無である。
PR
【2015/02/15 20:00 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<林田力書評・センゴク | ホーム | 林田力・東急不動産だまし売り裁判>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>