忍者ブログ
江東区東陽で青年学習講座
宇都宮けんじ氏の講演会が東京都江東区東陽で開催された。
安倍政権の良いところは憲法への国民の関心を高めたことである。
多数決では少数者の人権が守られないことがある。少数者の人権を侵害する法律ができてしまう。多数の専制から少数者の人権を守ることも立憲主義の意味である。自民党の改憲草案は立憲主義がすっぽりと抜け落ちている。人権を公益及び公の秩序で制限する。これは国際人権の流れに逆行する。

意外と自衛隊員が集団的自衛権に反対しているのではないか。戦死者が出れば自衛官の募集が難しくなる。徴兵制復活の懸念もある。自衛隊のあり方が大きく変わる。
普通は懇談会の人選に多様な考えの人を含めるが、安倍首相は仲間だけを入れる。秘密保護法は集団的自衛権と一体の施策である。軍事情報の米軍との共有を進める。防衛大綱では敵基地攻撃能力を保有するようになっている。
もともと法律で集団的自衛権を認めようとしたが、それすらもせず、閣議決定で決めた。これは独裁的な手法である。明白な危険があるかないかは時の政権が決めることになる。
関連法案は統一地方選挙後に回される可能性がある。日米防衛協力のためのガイドライン改定の問題がある。統一地方選挙で集団的自衛権行使に反対する勢力を前進させることが重要である。闘いはこれからである。
PR
【2014/07/26 19:45 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<江東区東陽で青年学習講座3 | ホーム | 江東区東陽で青年学習講座>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>