忍者ブログ
火星からの侵略
#心理学 #書評 #パニック
『火星からの侵略』はラジオドラマ『宇宙戦争』によるパニックを研究した書籍である。戦間期の米国で『宇宙戦争』がラジオ放送され、パニックを引き起こした話は有名である。多くのリスナーが現実に火星人が攻めてきたと受け止めてパニックになった。しかし、有名な割には細部まで知られていない。
本書は冒頭で、そのラジオドラマの脚本を掲載する。脚本を読んでみるとラジオドラマは巧みである。本物の臨時ニュースのような構成になっている。
この事件はラジオというマスメディアが発達したために起きたものであるが、21世紀の高度情報化社会では起こりにくいものと思う。
PR
【2017/12/01 19:47 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<火星からの侵略 | ホーム | 二子玉川駅で白杖事故>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>