忍者ブログ
獣医師が認めたペットの気持ち住宅
井上辰男『獣医師が認めたペットの気持ち住宅』(セルバ出版)はペットが元気に暮らせる健康住宅を紹介する書籍である。まず感じたことは、日本の建築不動産業界の消費者無視の体質である。本書のような健康住宅に価値がある理由は、それだけ今の日本の住宅がペットにとって不健康だからである。
ペットにとって不健康であることは人間にとっても不健康である。ペットは基本的に人間よりも小さく短命であり、環境の影響を受けやすい。それ故にシックハウスはペットを早死にさせかねない。それ故に本書はペットの飼い主にとって重大な関心事になるが、ペットを飼わない人にも、そのまま役に立つ内容である。
本書は不動産投資の問題も指摘する。本書は不動産投資をギャンブル、丁半博打と言い切る。空室になったらゼロ円だからである。100%か0%かの投資とする(99頁)。不動産投資の欠点で空室リスクの指摘は珍しくないが、ゼロと断言する本書は問題の指摘が上手である。
PR
【2019/06/03 21:49 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<へうげもの5巻 | ホーム | へうげもの4>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>