忍者ブログ
相棒、容疑者六人
相棒の最終回2時間スペシャル「容疑者六人~アンユージュアル・サスペクツ」がホワイトデーに放送された。奇しくも今期ドラマは不自然を意味する『アンナチュラル』が人気である。『刑事専門弁護士』では松本潤演じる深山弁護士が「普通に美味しい」を美味しい食べ物への誉め言葉に使っている。普通であることに価値を見出だすトレンドがありそうである。
特命係が本来の人材の墓場として機能した。今回の伊丹の特命係イビリは非常に共感できる。一方で視聴者から見ると特命係は活躍する存在であり、ドラマの主役級である。それにサイコで卑怯者の犯人が入るのはどうだろうか。現実の警察不祥事を踏まえれば、次シーズンまでに依願退職しているのではないか。副総監の斡旋でIT会社に再就職するかもしれない。IT会社から見れば押し付けになる。納期意識の欠ける公務員感覚のまま、周囲に迷惑をかけそうである。
PR
【2018/03/16 18:03 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<アニメ研究を刊行 | ホーム | 相棒の最終回>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>