忍者ブログ
石綿健康管理手帳を作ろう
「石綿健康管理手帳を作ろう」
さいたま地裁に第三陣の提訴を準備している。
石綿健康管理手帳は指定された病院で年二回無料検診が受けられるが、取得に要件があり、職場を転々とする建設労働者は取得しにくい。
「エタニット・アスベスト公害の証言」
試行調査に過去に居住していたことという要件があることはおかしい。要件の撤廃を申し入れたい。
PR
【2019/07/12 20:36 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
アスベスト
住民向けのアスベスト健康被害の救済制度は、労災に比べて検診や補償が不十分である。さいたま市の試行調査では石綿関連所見ありは84名中27名と高い割合である。その半数がどこでばく露したか特定されていない。アスベスト拡散の深刻さを感じた。
「母は職場でばく露し、中皮腫に」。見沼区の工場で働いていた。突然体調不良を訴えた。尋常ではない痛みで、精密検査を受けたら、すぐに入院となった。3カ月で亡くなった。家族としてはどんな状態でも生きていて欲しい。
【2019/07/12 19:42 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
さいたま市のアスベスト事情
エタニットによるアスベスト被害を考える会の斎藤宏代表「さいたま市のアスベスト事情と健康試行調査」
アスベストばく露は労働者だけでなく、周辺住民に起きている。解体建材をリサイクルした再生砕石にアスベストが含まれるという問題がある。
さいたま市にあったアスベスト企業として日本エタニットパイプ大宮工場が知られている。それだけでなく、東急車輛製造埼玉製作所などもあった。
埼玉県立総合教育センターの解体計画でアスベスト飛散が懸念される。アスベスト飛散事故のない解体を求める地域住民の活動が期待される。
【2019/07/12 19:16 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
身近にひそむアスベストの健康被害
学習会「身近にひそむアスベストの健康被害」が7月12日に、さいたま市浦和区の浦和コミュニティセンターで開催された。中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会とエタニットによるアスベスト被害を考える会の共催。アスベスト被害者を支える会の協賛。
開会の挨拶。飯田勝泰・中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会事務局長。建築物の解体工事で新たなアスベスト被害が生まれている。
中皮腫・じん肺・アスベストセンターの永倉冬史事務局長「身近にひそむアスベストの健康被害」。アスベスト建材が大量に使用された建築物の改修・解体工事では事前のアスベスト調査が重要であるが、不十分な実態がある。
【2019/07/12 18:51 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
へうげもの11
「乙なもの」は甲乙で言えばランクが落ちるが、むしろ定石を外した面白さが最高なものと賞賛される。
徳川家康の方向が示される。戦国を終わらせるという理想は良い。しかし、争いのない世界を徹底すると、自由な創意のない世界になる。ここで織部は対立するのだろう。これは戦後日本の業界横並びの官僚主導経済にもつながる。官僚主導経済が批判される21世紀に織部が再評価されることは意味がある。
本作品では伊達政宗の色々なエピソードに古田織部が絡んでいた。この巻では福島正則と黒田家家臣の日本号のエピソードに織部が絡む。
【2019/07/08 10:48 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(2)
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>