忍者ブログ
  • 2020.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.07
裁判官
裁判官の名前を出すことは問題ありません。公務として行ったことです。むしろ、顔の見えない公務員に逃げるのではなく、責任を持たせるために必要なことです。慶應義塾大学法学部の論文集の論文で判決を言い渡した裁判官の名前を書いています。
日本では不当判決への批判は大きいですが、それを書いた裁判官への関心は低いです。その結果、問題ある判決を書いた裁判官が別の分野でも問題を繰り返すことが起きています。
PR
【2020/03/20 11:38 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
相棒最終回
相棒最終回はディープフェイクがテーマです。アイリスも今週のお題をディープフェイクにしていました。
花の里の代わりになる店が登場しました。花の里は鬼門です。復活よりも別の店にすることは妥当ですが、内装が花の里にそっくりです。同じロケ地かセットを使ったのでしょうか。花の里のディープフェイクのようです。
【2020/03/19 13:01 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
ビッグデータ超入門
『ビッグデータ超入門』
ダークウェブにも言及している。「麻薬取引、ポルノ、マネーロンダリングに使用される違法なダークウェブサイトを含むこれらの多くはきわめて好ましいものではない」と断言している(96頁)。プライバシーを守る匿名技術が依存性薬物の売人などの犯罪者に悪用されたとのスタンスである。
【2020/03/19 12:49 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
ビッグデータ
『ビッグデータ超入門』はビッグデータの入門書である。原題は短い導入にである。それを邦題は超入門にしている。ビッグデータはAmazonなど民間企業が主導している。本書も民間企業の動きを詳しく説明している。
本書は3月3日刊行である。今や新型コロナウィルスの感染拡大が世界的なニュースになっている。そのため、「ビッグデータと医療」の章は特に興味深い。ビッグデータを用いたインフルエンザやエボラ出血熱の感染拡大の予想は現実よりも5割も過大であった。これは医療介入を考慮せずに患者が同じ割合で増え続けると予想したためである。「医学的および公衆衛生的な措置は患者数の減少というプラスの効果をもたらすと予想されるが、これらはモデルに反映されていなかった」(63頁)。
【2020/03/19 12:32 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
消費者契約法
東急不動産だまし売り裁判は消費者契約法の不利益事実の不告知を根拠にしました。これは不利益事実を告知されていれば契約しなかったと言えればよく、消費者が損害を立証する必要はありません。消費者契約法以外で請求する場合も真相を知っていれば契約しなかった、契約したこと自体が損害という論理を出すことは意味があると思います。
【2020/03/16 08:35 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>