忍者ブログ
老人たちの裏社会
『老人たちの裏社会』は暴走老人を取り上げた書籍である。人間は誰しも年を取るが、こうはなりたくないものである。その点で何故、暴走老人になってしまうかという観点から読み進めた。
私が感じた大きな原因は孤独である。但し、孤独が悪い訳ではない。むしろ、暴走老人のトラブルは人間関係の中から生じているものが多い。孤独への耐性が乏しいことが原因である。
PR
【2018/09/10 17:39 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
るろうに剣心7巻
『るろうに剣心』7巻は京都篇が幕を開ける。もっとも京都に出発するまでで丸々1巻が費やされる。しかし、単なる導入部と侮るなかれ。幕末明治を駆け抜けた歴史上の人物が登場し、歴史上の事件が描かれる。
剣心が戦わなければ物語は成り立たないが、京都篇は明治政府の尻拭いのための戦いである。周りのキャラクターの言う通り、剣心が戦う必要はない。
【2018/09/09 10:16 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
月は無慈悲な夜の女王
『月は無慈悲な夜の女王』はSF小説の古典である。人類が月に移民し、月生まれ、月育ちの世代もいる未来が舞台である。月は地球連邦の植民地として収奪されていた。その月が独立を目指し、地球連邦と戦う。アメリカ独立戦争を連想させる。無料の昼飯はないとのスローガンは自由を求める人の覚悟を示している。
一方で宇宙開発が夢や希望ばかりの世界ではないことを本書は教えてくれた。
【2018/09/08 19:22 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
小説響
小説響は人気漫画『響』の映画版のノベライズである。自分を曲げない主人公が人気になった。但し、すぐに暴力に走ることは、文学作品を生み出す存在としてどうなのかという感覚がある。主人公のような憤懣を抱えた人物の作品とならば怒りを反映した作品になり、一般受けしにくいのではないだろうか。
天才少女を主人公とした話であるが、ラストでは売れない作家と交錯させる。天才ではない人へのフォローもある作品である。
【2018/09/07 18:33 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
ワンピース90巻
尾田栄一郎『ワンピース90巻』(集英社、2018年)はホールケーキアイランド篇が終結する。世界会議が描かれ、ワノ国篇が始まる。
前巻でルフィの強敵にふさわしい存在感を示したカタクリとブリュレのエピソードが良い。前巻の卑怯な妹とは大違いである。ビッグマムの子ども達の中でブリュレは麦わらの一味の最大の被害者であり、良いところがなかったが、最後に株を上げた。
ワノ国は不思議な世界である。
【2018/09/05 18:29 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>