忍者ブログ
クレーマーのキンドル本
私はクレーマーという言葉の使われ方に疑問を抱いている。クレームは「要求する、主張する」という意味である。権利を主張することは正しいことである。市民として当然の姿勢である。商業メディアがクレーマーにネガティブなイメージを植えつけただけであって、消費者はクレーマーと呼ばれることを誇りにするくらいでいいと考えている。
不誠実な商法に泣き寝入りすれば、今後も被害者が出続ける。クレーマーとラベリングしてしまうと本当のことが見えなくなる。自浄作用が働かず、いつかどこかで問題を繰り返す。
本書が有益であることを願っている。I hope that this book is helpful.
【書名】クレーマー/Claimer
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【出版社】江東住まい研究所/コウトウスマイケンキュウジョ/Koto House Laboratory

『モンスタークレーマー対策の実務と法』クレームには誠意を
『極北クレイマー』開発と福祉はトレードオフ
東急不動産だまし売り裁判
東急不動産だまし売り裁判購入編
東急不動産だまし売り裁判2リバブル編
東急不動産だまし売り裁判3
東急不動産係長脅迫電話逮捕事件
東急不動産係長脅迫電話はスレスレに非ず
東急不動産の消費者契約法違反
東急不動産消費者契約法違反訴訟
東急不動産だまし売り写真
東急不動産だまし売り裁判と結露
東急不動産だまし売り裁判と敗軍の法則
東急不動産だまし売りとハインリッヒの法則
東急不動産だまし売り裁判出版記念オフ
東急不動産マンションの排水欠陥
東急不動産マンションの亀裂
東急ドエルアルス欠陥
ブランズ市川真間の住環境破壊
ブランズ市川真間IIに日影規制違反批判
ブランズ市川真間のビル風被害
ブランズ市川真間の不誠実
ブランズ市川真間II建設工事標識修正
ブランズ市川真間II問題の市川市で請願採択
資料:市川の住環境を守るために建築基準法の日影規制の強化を求める請願
ブランズ市川真間写真
ブランズ市川真間はスレスレに非ず
ブランズ市川真間はスレからし
ブランズタワー文京小日向は過去に高さ違反で建築確認取り下げ
レクサスで東急トヨタが結び付き
ブランズ田園調布にオンライン詐欺の指摘
東急不動産に東日本大震災便乗批判
東急不動産の株主優待に怒り
タカタ製エアバッグ欠陥問題と東急不動産だまし売り裁判
旭化成ホームズ差し止め請求と東急不動産だまし売り裁判
東急不動産だまし売り妖怪ウォッチ
東急不動産はスレスレに非ず
東急不動産だまし売りはスレからし
東急はスレスレに非ず
東急はスレからし
東急電鉄社長が高橋和夫専務に交代
東急不動産・東急電鉄の暴力体質
東急不買運動2012年十大ニュース
『危機管理』



PR
【2018/02/14 21:09 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
電子書籍でリーガルサスペンス研究
動物と共生します。殺処分ゼロの取り組みをさらに前進します。
新たな名所旧跡を発掘し、知名度を向上します。

リーガルサスペンスや法的紛争の書評、法律問題の記事
【書名】リーガルサスペンス研究/リーガルサスペンスケンキュウ/Legal Suspense Study
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【出版社】江東住まい研究所/コウトウスマイケンキュウジョ/Koto House Laboratory

『千一夜の館の殺人』ありそうでない弁護士探偵
『女子弁護士 葵の事件ファイル』面白くて、ためになるリーガル小説
弁護士なしでの裁判体験談『訴えてやる!』
小説仕立ての法律書『民事の訴訟』
『極卵』
『遺言執行』本格的リーガルサスペンス
『甘い薬害』弁護士の腐敗
『アソシエイト』弁護士報酬の無意味さ
『顧客名簿』軽妙なコミカル・ミステリー
『モンスタークレーマー対策の実務と法』クレームには誠意を
『インターネットと法』
『過払い金を取り戻せ』
『弁護士馬奈木昭雄』環境派と公害派
『弁護士冥利』左翼イメージを超えた存在
『高校無償化裁判』
『アスベストに奪われた花嫁の未来』
『親子経営 ダメでしょモメてちゃ』
『お金持ちのための最強の相続』
『相続貧乏になりたくなければ親子で不動産を整理しなさい』
『新クロサギ 14』脱原発詐欺を許すな
民法改正と錯誤
動機の錯誤をめぐる二元説と一元説
民法改正と危険負担
民法改正と無権代理人の責任
民法改正と表見代理
寄与分
不法行為と債務不履行の連帯債務
独占禁止法の独占と不公正な取引規制
農協に不公正な取引方法で排除命令
農協への排除措置の評価



【2018/02/14 20:38 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
ヤクザの電子本
不当な判決をそのままにしておいて良いものかどうか考える必要がある。

ヤクザ作品のレビュー。ヤクザは現実社会では反社会的勢力であるが、ヤクザ漫画では半グレ・ヤンキーや危険ドラッグ売人などの社会悪を叩きのめす存在である。ここにヤクザ漫画のカタルシスがある。ヤクザ漫画では主人公側のヤクザは薬物の売買を禁じていることが多い。薬物を扱ったら破門になる。
【書名】ヤクザ/Japanese Mafia
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【出版社】江東住まい研究所/コウトウスマイケンキュウジョ/Koto House Laboratory

『伝説のやくざ ボンノ』
『安藤昇の戦後ヤクザ史 昭和風雲録』
『疵 花形敬とその時代』
『ドンケツ14巻』ドラッグは悪
『ドンケツ15巻』
『ドンケツ 22巻』
『白竜』『静かなるドン』に見るヤクザ漫画の方向性
『白竜 21』民営化で国有財産が食い物に
『白竜LEGEND 16』医療過誤追及でカタルシス
『白竜LEGEND 17』原発だけでなく大相撲の八百長も予見
『白竜LEGEND 18』原発事故に続いて情報漏えいを予見
『白竜LEGEND 19』愚連隊は敵役としても力不足
『白竜LEGEND 21』東急建設の暴力団下請け発注を連想
『白竜LEGEND 22』東急建設の暴力団利用が下敷き
『白竜LEGEND 24』
『白竜LEGEND 27』オリンパス事件を下敷きに
『白竜LEGEND 34』法隆寺の土壁損壊も予見か
『白竜LEGEND 35』剛野純情
『白竜LEGEND 38』ドラッグは悪
『白竜HADOU(4)』暴力市場
『白竜HADOU(5)』日本企業より韓国企業がまとも
『静かなるドン 死の攻防!!函館戦争篇』
『静かなるドン 97』ストーリーの練られた長寿作品
『静かなるドン 98』関西ヤクザとマフィアの大抗争
『静かなるドン 99』まだまだ引っ張る最終章第2弾
『静かなるドン 100』 惜しげもなくキャラを殺して急展開
『静かなるドン 101』
『静かなるドン 103』
『静かなるドン 104』
『静かなるドン 105』
『静かなるドン 108』
『代紋TAKE2』ヤクザの盃関係や仁義を綿密に描く



【2018/02/13 17:46 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
クレーマー
クレーマーとラベリングしてしまうと本当のことが見えなくなる。自浄作用が働かず、いつかどこかで問題を繰り返すに違いない。クレーマーというラベリングへの批判は医療事故被害者からも出ている。
「病院側がモンスターとかクレーマーとかいう表現をして、患者・家族にラベルというか、レッテルを貼ったりすることが多いと思っています。しかし、医療者の説明や対応不足でコミュニケーションできていないことが起因していることが多いです」(永井裕之「医療事故調査制度の改善課題と対応」医療過誤原告の会会報第38号『医療事故調査制度、これでいいのか?』2016年、37頁)
パネルディスカッションでも以下の発言がなされた。
「産業界では、消費者の声によって、事故を起こし対応が悪いときは、会社がつぶれるようになるから、真剣になって事故調査・対応をやっている」(「医療事故調査制度・遺族サポートと改善課題」医療過誤原告の会会報第38号『医療事故調査制度、これでいいのか?』2016年、56頁、永井裕之発言)

以下は危険ドラッグ売人にもあてはまる。「ただの身勝手な変わった奴で済んでいたかもしれない人間が、まとまった金をつかめるかもしれないって思いついた途端に、とんでもなく恐ろしいことができるようになっちまった」(宮部みゆき『理由』654頁)
【2018/02/10 19:18 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
マンションだまし売り
東急不動産だまし売りを泣き寝入りすれば、今後も犠牲者が出ます。不動産業者の責任が軽く済んでしまうとなれば、きちんと説明しなくても良いのではないかとなってしまいます。
東急不動産は、ないないづくしの失態を犯しています。連絡が取れない、報告がない、責任者が現れない、知識がない。東急不動産には報告文化がありません。東急不動産は、このレベルの会社です。
日常的な消費者保護のサイクルが機能していません。
東急不動産だまし売りの再発防止に向けた徹底した分析が必要です。東急不動産だまし売りの問題を継続的に議論していかなければならないと考えます。

「原因究明をまずしていただき、そして説明していただく、必要な情報は開示していただくということが、何をおいても第一だと考えます」(木下正一郎「医療事故調査制度設立運動の成果と今後の課題」25頁)

マンション投資でローン返済に行き詰まった中学校の教師が部活動で集めた費用を着服した事件が起きました。

冤罪被害者は何も悪くないのに人権侵害されて、絶望・自殺させられます。冤罪被害者の村木厚子さんは以下のように言います。「証拠については、弁護側がすべて見られる仕組みがないと、客観証拠が葬り去られる恐れがある。事実、重要証拠だったフロッピーディスクがないかを何度も尋ねた私に、検事はないと言い続けました」(時代の証言者「取り調べ可視化訴える」読売新聞2月10日)
【2018/02/10 12:04 】 | 林田力wiki | 有り難いご意見(0)
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>